大峰堂の歴史 戦後の発展

大峰堂 歴史 年表

大峰堂は、創業1900年の漢方老舗メーカーです。創業以来洗練し続けてきた超臨界(Co2)、アルコールそして熱水抽出技術、製剤技術を利用し、天然物のチカラを最大限に引き出すことができます。

2期 戦後の発展1945~1975

  • 1946

    株式会社大峯堂設立。医薬品製造業許可、医薬品販売業許可を受ける。

  • 1947

    辻 清六が大峯堂薬品工業株式会社を設立し、初代代表取締役に就任

  • 1949

    「臓器薬六神丸」を発売

  • 1953

    「役行者相伝薬行者陀羅尼助」を発売

  • 1954

    年間売上高1千万円突破

  • 1957

    配置市場に初の糖衣錠を上市

  • 1957

    「行者丸赤玉」を発売

  • 1963

    「大宝心」を発売

  • 1971

    「カルミン頭痛歯痛」を発売

  • 1972

    漢方エキス製剤30品目上市

  • 1972

    大峰堂漢方研究会を設立

  • 1974

    年間売上高1億円突破

  • 1975

    近畿大学医学部東洋医学研究所へ研究員派遣

1946

医薬品製造業許可申請書の写し 株式会社大峯堂

株式会社大峯堂設立。医薬品製造業許可、医薬品販売業許可を受ける。
1946年になると、戦時中、大和合同製薬に統合されていた大峯堂を含む企業が6社独立した。大峯堂は、「株式会社大峯堂」を設立し、厚生大臣より医薬品製造業許可および医薬品販売業許可を受けた。

閉じる

1947

工場継承届 大峯堂薬品工業株式会社

工場法適用届書 大峯堂薬品工業株式会社

辻 清六が大峯堂薬品工業株式会社を設立し、初代代表取締役に就任
清六は1925年父親利吉が急逝し18歳で事業を継承してからというもの、戦時中そして世界恐慌の真っ只中においても新製品の開発に勤しみ、販売品目を増やしていった。そして1947年、大峯堂薬品工業株式会社を設立し、初代代表取締役に就任した。

閉じる

1949

臓器薬六神丸

「臓器薬六神丸」を発売
動物性生薬を主体とした製剤で、麝香(じゃこう)、牛黄(ごおう)、蟾酥(せんそ)、サフラン、人参(にんじん)、真珠(しんじゅ)、沈香(じんこう)が配合されている。効能・効果はどうき、息切れ、気付け などである。

閉じる

1953

役行者相伝薬行者陀羅尼助

「役行者相伝薬行者陀羅尼助」を発売
オウバクを主薬とする下痢止め薬。1300年前に大峰山で修行をしていた役行者が、疫病の治療をするために製造したものが陀羅尼助の起源といわれている。

閉じる

1954

年間売上高1千万円突破

閉じる

1957

配置市場に初の糖衣錠を上市
揮発性成分を内包したまま糖衣コーティングする技術を開発。大手メーカーの技術者を驚かせたという。「総合新感冒錠コーピタン」は1952年に発売した散剤のコーピタンに糖衣を施したもので、配置薬市場に糖衣錠の風邪薬を出したのは大峰堂薬品工業が初めてであった。

閉じる

1957

行者丸赤玉

「行者丸赤玉」を発売
塩化ベルべリン、ロートエキス、甘草(かんぞう)エキス粉末、芍薬(しゃくやく)エキス粉末、ゲンノショウコエキス粉末、などを配合。
効能・効果 : 下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき出し、水あたり、くだり腹、軟便、腹痛を伴う下痢

閉じる

1963

大宝心

「大宝心」を発売
六神丸を糖衣錠化した製品で、麝香(じゃこう)、人参乾燥エキス、牛黄(ごおう)、蟾酥(せんそ) 、熊胆(ゆうたん) 、羚羊角(れいようかく)、サフラン、沈香(じんこう)、真珠(しんじゅ)等が配合されている。効能・効果はどうき、息切れ、気付け である。当時、強心薬といえばほとんどが小粒の丸剤で、これを錠剤としたのは大峰堂薬品工業が初めての試みであった。

閉じる

1971

カルミン頭痛歯痛

「カルミン頭痛歯痛」を発売
伝統的なパッケージデザインで、即座に効能効果を連想させる。
効能・効果 : 頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・捻挫痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛,悪寒・発熱時の解熱

閉じる

1972

柴苓湯・十味敗毒湯・当帰芍薬散・補中益気湯・六君子湯

漢方エキス製剤30品目上市
漢方薬のフィルムコーティング錠第1号を、配置販売向けとして1968年に発売。1972年には、当時専務であった成典が、設立したばかりの漢方薬販売事業部の先頭に立ち、近畿、中国、四国地方へエキス剤シリーズ30品目の販売にあたった。

閉じる

1972

有地滋教授にご講演頂いた時の様子森山健三教授にご講演頂いた時の様子

大峰堂漢方研究会を設立
大峰堂漢方研究会を設立。漢方薬は個人の体質や病状に合わせて用いる必要があるため、当時は主に配置販売業者の方を対象に外部の講師をお招きし、年3~6回程度開催。

閉じる

1974

年間売上高1億円突破

閉じる

1975

近畿大学医学部東洋医学研究所へ研究員派遣
近畿大学医学部東洋医学研究所開設と同時に研究員を派遣。東洋医学研究所の有地滋教授をはじめ、薬学部の久保道徳教授 等にご指導頂いていた。当時の同研究所における漢方治療は煎剤によるものであったが、煎剤づくりが治療に追いつかず、エキス剤を用いる検討がなされた結果、大峰堂の製品が使用される事となった。

閉じる

PageTop